複合機で困ったら、中部事務機再販へ!!

新品複合機・中古複合機どっちがお得なの?

中古複合機

  • メリット
  • 販売価格が安い。新品に比べておおよそ3分の1程度の価格で購入が可能
  • 導入コストを抑える事が出来る
  • デメリット
  • しっかりとした商品、保守を提供していない販売店がある為、購入時に見極める必要がある
  • 新品に比べて故障のリスクが高い
  • 保守費用が新品に比べて高い傾向にある
  • おおよそ7年を目処にメーカーからパーツ供給が止まる為、購入後に修理が出来なくなるリスクがある

新品複合機

  • メリット
  • 最新の機器、性能の商品を利用できる為、質の高い印刷が出来る
  • 中古に比べて故障のリスクが低い
  • 保守費用が中古に比べて安い傾向にある
  • リース契約を利用する事で支払いを分散し、導入コストを抑える事が出来る
  • デメリット
  • 販売価格が高額な為、現金での購入が難しい場合がある
  • リース契約をする場合、おおよそ5年はリース料金を支払続ける必要がある

概算御見積りのご案内に必要な情報はたった3つ!

『導入費用』『ランニングコスト』『納期』『使いやすさ』『設置スペース』『支払方法』
『使いたい機能』『アフターフォロー』などお客様の様々なご要望に応えるご提案をさせていただきます!

メンテナンス契約について

カウンタ方式

現在はレーザータイプの複合機のホトンドがこの方式を採用しています。
コピーや診察する1枚あたりの料金をあらかじめ決めておき、機器を使用するごとに枚数をカウントして 保守料金を計算、保守をする方式。

キット方式

レーザータイプのプリンタはこの方式を採用している場合が多いです。
保守料金が含まれているトナーカートリッジを購入していただきトナーを使い切るまでの間、保守を行う方式。 トナー使用料が多い印刷物が多い場合は別途カウンタ方式の商品を利用した方が保守コストを 抑える事が出来ます。

スポット方式

機器が故障した場合は都度修理にかかる費用を支払う方式です。
カウンタ方式、キット方式に比べ継続した保守費用の支払は無いが修理費用が高額になる場合が 多く、思わぬ出費が発生する事があります。

保守契約は必要なの?

弊社では原則、機器購入時に保守契約を締結させて頂いております。
なぜかというとコピー機は精密機械で非常にデリケートな商品で故障の頻度が高いからです。故障すると症状によってはマシンストップしてしまい業務に支障が出ますが、その時間を出来る限り短くする為、弊社では保守契約を締結させて頂いているお客様には原則当日訪問修理の保守サービスを提供させて頂き本来のお仕事に集中して頂けるよう努めています。
保守契約を締結していないと、修理費用が高額になる上、業務に支障が出る時間が長くなる傾向にあります。なぜかというとコピー機の消耗品パーツはとにかく高い上、必要に合わせて軽微な症状でも訪問修理等で状態を保っている保守契約品に比べて動かなくなるまで修理をしない機器では修理に時間が掛かる為サービスマンの人件費もかさんでしまいます。しかも故障時にいくらで修理が出来るのか機器を確認しないと分からない為お客様が修理依頼をためらったり、担当者が上司へお伺いを立てたりと実際の修理依頼までに時間が掛かる為、業務へ支障が出る時間が長くなってしまいます。