OFFICE STYLE


これからのオフィスのカタチ

どのようなオフィスで、どう働きたいか。
一人ひとりが自身のなりたい姿を思い描き、 場をともにするすべての人がその姿を共有し合う。 そして、それらを実現していく可能性を、 さまざまなスタイルで備えたオフィスこそ、 これから求められるオフィスのカタチです。
オフィスはもっと自由に、快適に。
中部事務機再販は、快適で最適なオフィスづくりをご提案いたします。

REFRESH STYLE

リフレッシュスタイル

ソファ席、カウンター席などオフィス家具の多様性によって社員が気軽に集まり、 立ち寄れるスペースが生まれます。窓際には外の景色を見ながら作業ができる フリーアドレス席を設置することで、コミュニケーションスペースとして、 また出張者が利用できるタッチダウン席としても活用できます。 階段状のベンチシートは気軽なミーティングやセミナー時に便利。 ベンチ内は収納機能があり、防災グッズの収納庫としての利用もおすすめです。

MEETING STYLE

ミーティングスタイル

着席時、離席時にスムーズに行き来ができ、モニター前への移動やプレゼン時の立ち位置、 距離感に圧迫感のない通路幅を確保。ガラスに半透明のシートを貼ることで、 使用中の雰囲気を外部から感じ取りながら程よい目隠しの機能を持たせることができます。
自社内のミーティングだけでなく、来客を迎えてのミーティングにも、無駄のないすっきりとした開放的な空間は好印象を与えます。

INTENSIVE STYLE

集中スタイル

周囲の音、気配に邪魔されることなく作業に集中できるブースをオフィスの中に。 ブースの一部を開放しているため完全に外部と遮断されず、気持ちの切り替えがスムーズに行えます。 パーティションの役目を兼ね備えたブースは吸音効果のある素材が多く、 ブース内の会話が外に漏れにくいためオンラインミーティング時も有効です。

HOME LIKE STYLE

ホームライクスタイル

木目などナチュラルな素材を活かしたオフィス家具はグリーンとの相性もよく、まるで自宅のリビングにいるような心地よさ、 快適性を演出することができます。木とアイアン素材のデスクやチェア、 収納棚などを配置した空間に布製のファブリックやグリーンをさりげなくコーディネート。 オフィスに求められる生産性や機能性にナチュラルな要素をプラスすることで、 円滑なコミュニケーションと柔軟な発想がクリエイトされます。

オフィスコーディネートのHow To

中古・新品のオフィス家具を組み合わせるオフィスコーディネートの
コツ、 ポイントや、オフィス家具の選び方を、
中部事務機再販スタッフが発信します。

ACCESS

ショップ・ショールーム情報/アクセス